<   2004年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

こんなメールが届いた。

Hello,

Would you like to include your site 'cheap-style-racing.com' into our sport links resource under several topics such as "racing," ? If so, please visit this page :・・・・・・・・・・・・・・・・・

We would be happy to have you. And you can link to us too, if you consider it is useful for your visitors :

The Sports Search Engine




時々DMが届くことが良くあるが、いつものsolutionではなくポータルサイト登録の勧誘らしい。ちょっと覗いて見たらなかなか面白そう。
なんだかスポーツだけじゃないみたいだけど、各国の言語用のカテゴリもあるし。
今後大きくなったらちょっと楽しいかも。

CSRも英語でも表記できたらいろいろ面白いかもなあとも思うことがあるけど。。。。
ああ、ちゃんと英語できるようになりたいなあ。
by CS-R_SUZY | 2004-06-30 13:41 | 休息日

なんか動かないと思ったら

クルーザーのリアホイールが渋いなあと思っていたので、よく見てみると全くリアホイールが空転してくれない。手で勢いを付けてまわしても3回転くらいで止まってしまう。とりあえずバラしてみたら手じゃ軸が回ってくれない。。。。(--;)あちゃ〜。
よくこれで走れてたなぁ。。。

とりあえずハブ軸だけでもグリスアップして何とか少し回るようにしたけど、延命措置という感じ。クランクも完全に終っているし、ちゃんと手を入れてやらないとマズいです、はい。。クランクも3ピースにしないとダメかな。。。

実はいまトレイルや普段の簡単な練習なんかではMTBじゃなくて殆どこのクルーザーに乗っている。20インチほどクイックじゃないのに、リジットのダイレクト感は享受できる。24は中途半端という人もいるが、私の練習には良いところ取りな感じでとても楽しい。

20インチはクイックで怖いけど、リジットのダイレクト感を味わいたいという方、24インチはいかが?。
a0019834_11212.jpg

by CS-R_SUZY | 2004-06-24 01:11 | 壊れ物

6月定期戦レポート

6月の定期戦は梅雨とは思えないような暑さと台風の影響か猛烈な風のなか開催された。風向きは第一ストレートは追い風のためスタートはスピード勝負。第一ターン後は脚力がモノをいうレースの展開が予想された。
以下がおもなクラスのレポートである。

クルーザークラス
最近、三瓶将廣選手、藤原海渡選手、三枝謙一選手など有力選手が減ったことで参加者が続々集まりつつあり密かにブームを呼んでいるいわゆるオープンクラスだ。今回は2モトで争われた。
1ヶ月半ぶりのライドにも関わらず無謀とも言えるWエントリをした私であるが、2ヒート目の第3ターンあたりで乳酸により足がロック。もう殆ど漕げないような状態になってしまった。回復に努めるも第3ヒートは第2ターン前に足が終ってしまうていたらく。。。。決勝に残ったものの到底納得のいくものではなかった。
さて決勝は、カズこと高山一成選手が飛びだし、相澤惇らと杉が並んで第一ターンへ。ここまではよかったが、第1ターン以降は抜かれる抜かれる。結局荒れることもなく順当なレースとなった。


1位 高山 一成
2位 相澤 惇
3位 高山 祐次郎

5位 杉 禎康


MTB−B
今回も最大人数を誇るクラスであるノービスB、どんどん新たなる参加者が増えることで活性化しているクラスだ。それゆえ誰が勝つか分かりにくいという波乱を呼ぶクラスでもある。身内では「たろい」こと吉井選手と、小高選手が週1のゴリラ公園のコソ練特訓の成果を生かそうと気合い充分であった。順当に勝ち上がった二人だったが、スタートで気合いが空回りしたか痛恨のミス。ここで2人の結果は大きく分かれた。
冷静にステップアップのジャンプで一気に加速し追い上げ体制に入った小高選手は第2ターン後には2位争いへ。
焦りで余裕が無くなった感の吉井選手は一かバチかで第2ターンでインを狙うもリップにはじかれ転倒。勝負の第3ターンでは落ち着いてライバルのラインを塞いで前に出た小高選手が実力の2位をもぎ取った。
1位は危なげなかった鳴海選手。次回は難関クラスMTB-Aへの挑戦権を獲得した。
このクラスでの注目は市山 㐮選手。未だ小学生(だったよね?)ながら堂々の決勝進出。兄同様大物の気配充分だ。


1位 鳴海 一世
2位 小高 大輔
3位 時任 淳



MTB−A

今回、両雄の一角永田隼也選手は靭帯損傷で休養。レース会場には顔を出してくれた。本人は乗りたくて仕方がない様子であるが、今が一番大事なとき。しっかり治して欲しい。さて、殆どエキスパートクラスと言ってもいいだろうライダーがひしめくMTBーAは毎月毎月レベルが上がっている。
予選ではまさかのハブ毛ジャパン横田健英が予選落ち。決勝は本命の得津 柱選手がホールショットを取るもなぜかステップアップのジャンプ後に失速。その間隙をぬって小野口選手が先行する。第2ターンは小野口選手と得津選手のサイドバイサイド。ラインを閉めることなくガチンコ勝負で第3ターンへ。セダンで多少減速した得津選手はずるずると後退。最後には高山”追い込み”祐次郎選手にも抜かれ痛恨の3位となった。見応えのあるレースであった。


1位 小野口 智士
2位 高山 祐次郎
3位 得津 柱


14オーバーA

緑山のカテゴリの中で一番熾烈を極めるクラスである14オーバーA。今回からMTBエキスパートランキング1位の福富選手も参戦し、BMXとMTBのクロスオーバー化がどんどん進みさらに混戦が予想された。
さて、決勝は絶妙のスタートで渡辺濃選手がホールショットを取る。そのままぐんぐんと加速し後続を引き離し始める。14オーバーA最速の第3ストレートに1位で入った時点で安泰といえるほどのリードを稼ぎだした。後続には菊池 雄選手が入り、福富選手は初めてのレースながら3位に食い込む検討を見せた。


1位 渡辺 濃
2位 菊池 雄
3位 福富 哲也


マスターズ

今回よりマスターズは、怪我で療養中のムテキング藤原選手に代わり、30オーバーから一発昇格のDHエリート三輪選手が加わり新たなる波乱を感じさせた。予選から三輪選手はガンガン飛ばし、結婚後復帰第一線の旗町を完璧に押さえる。
決勝。期待の三輪選手はスタートを失敗、行き場を無くして第一エンドのダブルで撃沈。
抜け出したのはなんと、”幸せいっぱい、夢いっぱいのラッキー男”旗町。ライバルの宮城選手は腰の調子のせいか集団から抜け出すことが出来ない。後続をライン取りでぴしゃりと押さえた旗町がそのまま1位でゴール。
結婚後復帰戦を一位で飾り、MTBエキスパート予選敗退のリベンジを成し遂げた。


1位 旗町 禎
2位 筧 太一
3位 深川 和彦



MTB−EXP

2モト14人という定期戦としてはかなり多い人数でほぼMTBーAと同じである。この盛り上がりを今後も期待したい。予選では第一ヒートからBMXエリートから参戦の寺前選手が多重クラッシュに巻き込まれ転倒。暫く身動きしなかったため心配されたが何とか大丈夫だったようだ。また、別の接触・転倒等が多発した。風による影響で全体的にバラけないためコース取りでクロスすることが多かった。
決勝。スタートでホールショットを取った福富選手が抜け出てそのまま1位でゴール。
2位には通学100km高校生高山一成選手、3位には渡辺濃が入った。今日は足を持つ選手が有利であったといえよう。


1位 福富 哲也
2位 高山 一成
3位 渡辺 濃

予選敗退 沖田 勝秀
予選敗退 旗町 禎
予選敗退 杉 禎康



エリート

エリートは今回4人のみといういつもよりかなり少ないエントリーであったが見ごたえはなかなかであった。まだ完調とはいえないであろう菊地選手に対し、圧倒的な速さで予選から”クロジュン”黒田淳選手が一位で抜ける。
注目の藤原海渡選手は戸川選手と交錯しコースアウト万事休す。予選落ちとなった。「
決勝も黒田選手が完全に抜け出しそのままゴール。22日よりのアメリカ遠征に弾みをつけた。


1位 黒田 淳
2位 菊池 哲太朗
3位 戸川 祐一


来月は7/19(日)に開催される。間に合えば梅雨も明け、夏本番のレースだ。
皆さんの熱いレースがまた楽しみである。
by CS-R_SUZY | 2004-06-22 02:29 | レース

本日は晴天なり

a0019834_0503.jpg
久々にCSRほぼ集合(木村氏のみJ2天狗山に参戦中)。
CSRの原点であるトレイルライド。焼けるような日差しの中昼過ぎから草刈り&ライド。久々笑顔の絶えないライディングだったとさ。
MTBレーシングチームのくせに、この日のバイクはMTBは一台のみ。
あとは20インチと24ばっかり(笑)。

J2では「正太」こと木村@CSRがエキスパート4位ゲット。本当に良い日でした。





明日は定期戦。大丈夫か?みんな!
by CS-R_SUZY | 2004-06-22 00:51 | ライド

やっと。。

やっと見つけました。SMITHのスペアダブルレンズ。
a0019834_235052.jpg

いろいろ探しまわり、チームメイトのナベ@CSRからの情報でやっと見つけて買ってきました。でも私、はっきり言って




怒ってます!! (ちょっと)




SMITH JAPANさん、お願いします。モトクロスゴーグルのラインナップも販売しているからには消耗品もちゃんと流通させてください。曇った視界じゃ危ないよ〜。warpシリーズ気に入ってるんですから。

ね? m( _ _ )m この通り。よろしくお願いします。
by CS-R_SUZY | 2004-06-16 23:52 | セッティング

久々の自転車

といっても、サイクルトレーナですが。。。
少し呼吸器の様子見がてら、30分ダイエットモードで漕いでみました。
負荷の割には心拍数が上がるのが早くてちょっとビビリ気味。

ま、全然乗ってなかったから仕方ないやと諦めとりあえず気楽に乗りました。
でも足のまわし方にはちょっと気をつけて漕いでいたのでいい運動した〜って感じです。仕上げにダンベルで腕にも少し負荷を。

これで今日は良く眠れそうです。それではおやすみなさい。zzzzz。
by CS-R_SUZY | 2004-06-16 01:39 | トレーニング

おかしい。。。。

ここのところ、体調不良が続き更新ができませんでした。

1ヶ月前に引いた風邪で気管支をやられてしまい、そこからは少し良くなると発作のようにまたぶり返すを繰り返しています。咳が酷いため眠ることもできず、体重も70kgを切ってしまいました。
何とか今週末の定期戦には体調を回復させたいのですが。。。。。

今日からまた更新作業再開したいと思います。
by CS-R_SUZY | 2004-06-15 10:23 | 休息日

備えあれば・・・

皆さん棒那須で何買います?

フォーク?
フレーム?
ホイール?

それともタイム???

いやいや、もっと買っておかなきゃいけないものあるでしょ?
これですよ。これ。












a0019834_1447.jpg






備えあれば憂いなし。だからね。
最近普通の包帯があまり売ってなくて困ります。
by CS-R_SUZY | 2004-06-11 01:06 | 壊れ物

Fサスの採用の理由・・・というほどでもないけど。

私がturner RFX にFOX vanilla 125Rを採用したのは次の理由です。(理由の大きさ順)

・ 安い!
・ ヨレ難い!
・ エアよりオイルのほうが壊れにくいと思っている
・ 4Xだけじゃなく、フリーライドDHも楽しみたいから125mmは魅力
・ もしレースでスペシャルセッティングが必要なら、カメレオンのvanilla 125RLCを使う(現在100mmでセット)
  (そのためにヘッドパーツは共通)
・ どちらか(RLC,R)が壊れてもパーツ流用や代用が効く
  (FOXのサスのダンパーはトップモデルもボトムモデルも同じ機構)

というぐらい。。。単純ですね。
一番はやはりバリューフォーマネーです。この値段でこの作りと動きはスバラシイです。
by CS-R_SUZY | 2004-06-10 21:14 | 4X

修行したいぞ

ホント梅雨の時期のねたには困りますね。。。。
仕方ないので最近、ショートトラック遠征(練習)構想を練っています。

希望の行き先は

上越BMXコース(JBA)
GONZO TRACK(GONZO)
大泉緑地サイクルどろんこ広場(KBU)

などなど。。
レースに絡んで行くのが原則だとは思いますが、できれば土曜日入りで練習して日曜日にレースってパターンがベストですね。。。
でもそれだけじゃなくて、
例えば、富士見パノラマ4X⇒上越、GONZO⇒大泉(こりゃキツイかな(笑))泊りがけでワイワイやりながら、ロードトリップできたらいいなあと思っています。

みなさんいかが?
by CS-R_SUZY | 2004-06-09 20:45 | レース